福岡、中央区、博多区、薬院、天神周辺の遺産相続、相続対策、遺言書作成、相続税申告なら 福岡相続相談センターへ

特殊な贈与財産

1.みなし贈与財産

贈与は、無料で財産をあげる他、以下のようなものも贈与とされます

(1)保険金の受取人以外の人が保険料の負担をしていた生命保険金や損害保険金

(2)著しく低い価格で売却を受けた財産

(3)連帯債務者が自分の負担するべき割合を超えて債務を弁済した金額

(4)債務の免除を受けた金額

(5)同族会社に対する財産の無償提供等で株式の価値が増加したケースや、有利な価格で増資の引き受けをしたケース

(6)対価を払わずに取得した部分の財産(共有取得等)

2.贈与税が非課税の財産

たとえ、贈与であっても次のようなものは贈与税は通常非課税となっております

(1)通常の生活費や教育費
例えば、親が払っている子供の生活費などこれに贈与税がもしかかるようですと逆に問題です。
他には仕送りなどもありますが、仕送りは毎月等送らずに1年分を一度に渡したりすると贈与と認定される可能性があります。

(2)社交上必要と認められる香典、贈答、お見舞

(3)損害賠償として受けた慰謝料や見舞金

(4)離婚することで受けた財産分与
例えば、元旦那からもらった離婚の財産分与は奥様には課税されません。
注意点として、この場合、不動産等を分与した場合は、元旦那に譲渡所得の所得税が発生します。

生前贈与Q&A

相続時精算課税制度 延納制度
特殊な贈与財産