福岡、中央区、博多区、薬院、天神周辺の遺産相続、相続対策、遺言書作成、相続税申告なら 福岡相続相談センターへ

贈与税の課税方法


贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、平成15 年1 月1日以後に財産の贈与を
受けた人は、一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。

この制度は、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の
価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めたその贈与税相当額を控除
することにより贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

適用対象者

贈与者は65 歳以上の親、受贈者は贈与者の推定相続人である20 歳以上の子(代襲相続人を含みます。)
とされています(年齢は贈与の年の1 月1 日現在のもの)。

適用対象財産等

贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はありません。

暦年課税 贈与税の基礎控除額110万円(毎年の贈与について課税されない金額)を超える金額の贈与を受けた
場合には、超過累進税率により課税される制度です。

1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円以下であれば、贈与税はかかりません。 

より詳しく知りたい方は財務省ホームページ「相続税、贈与税など(資産課税等)に関する資料」をご覧ください。

生前贈与の基礎知識

贈与の種類 贈与税がかかる場合
贈与税の課税方法 贈与の計算
贈与税の納税 特別受益