福岡、中央区、博多区、薬院、天神周辺の遺産相続、相続対策、遺言書作成、相続税申告なら 福岡相続相談センターへ

贈与税の計算

(1)贈与税の課税価格

贈与税は個人から財産の贈与を受けた人に対し、1年間(1月1日から12月31日まで)に贈与を受けた財産の
総額に対して、それから基礎控除額を控除した後の金額に課税されます。

贈与税は累進課税といって、贈与を受けた金額が多くなるほど税率が高くなるしくみになっています。

贈与税の課税価格= 本来の贈与財産+ みなし贈与財産- 非課税財産
※みなし贈与財産、非課税財産については、1. 贈与税の概要を参照

贈与税の速算表

贈与税額= 基礎控除後の課税価格× 税率- 控除額

(2)贈与税の基礎控除

贈与税の基礎控除は110万円です。
したがって、年間の贈与額が110万円以下であれば贈税は課税されず、申告も必要ありません。
贈与税額は、年間で贈与を受けた財産の総額から110万円を引いた差額に税率をかけて計算します。

(3)贈与税の計算方法

これまでに説明してきた、贈与税の計算方法を式にまとめると次のようになります。
贈与税額=(1年間に贈与を受けた財産の合計額-110万円)× 税率

<計算例>
同一年中に父親から300万円、母親から200万円、合計500万円の現金の贈与を受けた場合
(300万円+200万円)-110万円=390万円
390万円×20%-25万円=53万円

(4)贈与税の申告・納付

贈与によって取得した財産の課税価格が基礎控除額を超える場合には、贈与税の申告をし納税をすることになります。
申告地は、贈与を受けた人の住所地を管轄する税務署で、申告の期限は贈与を受けた年の翌年の2月1日から
3月15日までとなります。

生前贈与の基礎知識

贈与の種類 贈与税がかかる場合
贈与税の課税方法 贈与の計算
贈与税の納税 特別受益