福岡、中央区、博多区、薬院、天神周辺の遺産相続、相続対策、遺言書作成、相続税申告なら 福岡相続相談センターへ

相続税を納めないと

相続税が発生する場合,相続人は,自己の相続税だけでなく,他の相続人の相続税についても,
連帯納付義務を負っています。
相続人は互いに,相続によって,受けた利益を限度として,相続税を連帯して納付しなければなりません。

なお,相続人Aの相続税を,相続人Bが,相続人Aに代わって,立て替えて納税した場合,原則として贈与税が
課税されます。

ただし,相続税の立て替え納税時に,相続人Aが資力を喪失していて,相続税の納税が困難だった場合は,
贈与税は課税されません。

詳しいことは,税理士にご相談下さい。

相続税Q&A

相続税を納めないと 小規模宅地の評価減
相続税の税務調査 相続税の還付とは